PCモニタ(ディスプレイ) 三菱RDT272WX 開封&レビュー

2013.4.15|ゲーミングPC

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

0RDT272WX

 

前回いろんなモニタを比較したりして悩みに悩んだ結果購入したPCモニタ(ディスプレイ)、「MITSUBISHI 27型 三菱液晶ディスプレイ RDT272WX」の開封から設置までのレポートを今回したいと思います。
購入前のPCモニタ比較&レビューはコチラ!

 

DSC_0001

 

宅急便で配送されてきた直後。
大きさの比較できるようにドクターペッパーの缶を置いてみたり。
外装のサイズはだいたい72cm×50cmくらいです。
この状態で重さは8kgくらい。思ってたより全然軽かったです。

 

DSC_0002

 

上部からフタをオープン!
ケーブル類とリモコンが置いてあって、その下に発泡スチロールを挟んでモニタが入っているという感じ。

 

DSC_0003

 

中身一式を全部出したところです。
本体のモニタ、ケーブル各種、マニュアル、台座、リモコンという内容。

 

DSC_0005

 

コチラはケーブル類。
左から、DVI-Dケーブル(1.5m)、D-SUBケーブル(1.5m)、電源コード(1.5m)、オーディオケーブル(1.5m)。
私の部屋の場合、この長さ(1.5m)だとPC本体からモニタまでの長さが足りないので、電源ケーブル以外はストック置き場行きになっちゃいました…。

 

DSC_0006

 

コチラはリモコン(単4電池2本)、マニュアル(大きな紙を折り畳んだ、ちょっとショボイ)。
他にはマニュアルよりも遥かに気合いが入っている、カラーマネジメントの設定マニュアルとCD-ROM。
写真やデザイナーなど色味にこだわる人用に、いろいろ設定するための方法が載っております。
ちなみに一応私もデザイナーですけど、このモニタは仕事では使わないので、今回はスルーしました。

 

DSC_0007

 

すごーくシンプルな台座です。
上から本体を挿すだけ。
他の人のレビューなどを見ると、このモニタの不満点として台座の高さが変えられないという不満がけっこうありました。
モニタ自体は悪くないのに、この台座のせいで減点!みたいな。
それでもamazonでは最高評価の★5つが一番多かったですけどね。

 

DSC_0008

 

お待ちかねの台座とドッキング!
液晶ディスプレイRDT272WXはノングレア(反射防止)加工なので、強い光を当てても映り込みがほとんどありません。
もしこれが光沢加工のグレア処理だと、床やライト、撮影している私の足などが映り込んじゃいます。

 

DSC_0009

 

コチラは背面。
背面上部にスピーカーが付いています。
なので、正面に向かって音が響くというよりは、上部から全体に音が響く感じです。

 

DSC_0010

 

DSC_0011

 

横には入力端子のD端子1つと、HDMI端子が2つあります。
私がこれを購入した要素の1つが、D端子が使えるということが大きくて、PS3などのゲームをキャプチャする機材(HD PVR Gaming Edition)で一番高画質で出力するにはD端子が必要だったからです。
HDMIでキャプチャする機材はめっちゃ高いんです…。
HD PVR Gaming Editionの購入&使用レポートはコチラ

 

DSC_0014

 

DSC_0012

 

下から挿す感じで、PCと接続するためのDVI-D端子(デジタル入力)、D-SUB端子(アナログ入力)、音声入力端子が下部にあります。
反対側の左には電源を挿す部分もあります。

 

DSC_0015

 

DSC_0016

 

台座の高さは変えられませんが、前後の角度はそこそこ動きます。

 

DSC_0017

 

上部から見てみます。
最近のモニタ(ディスプレイ)はめっちゃ薄いのね…。
厚さ6.9cmですってよ、奥さん!

 

DSC_0018

 

ちなみに今まで私が使っていた2008年製のモニタと並べてみました。
この厚さの違い…この薄さだけでご飯3杯はいけますね(大げさ)。
重さを調べてみると、古いモニタは23インチなのに14kg!、今回買ったRDT272WXは27インチで6.6kg!
重さが半分以下になっちゃいました。
技術の進歩は恐ろしい。

 

DSC_0019

 

コチラが私の部屋に設置した状態です。
左側のモニタが今回購入したRDT272WX、右が仕事でよく使うiMac(27インチ)です。
せっかく付属した台座は使わずにモニターアームを使用しています。
なぜかと言いますと…。

 

DSC_0022

 

このように隣接しているベッドにくるりと回転させれば、寝ながらPCを使うことができるからです!
仕事上、深夜でも容赦なくメールや素材が送られてくるので、チェックのためにいちいち起きてPCの前に行く手間がこれで省けるのです。
もちろんぐーたらと寝ながらネットできることのほうが重要だったりしますけどね…。

 

 

ということで、今回は「MITSUBISHI 27型 三菱液晶ディスプレイ RDT272WX」の開封から設置までのレポートをお伝えしました!
ひとつの参考になれれば幸いです〜。
ではでは(っ´∀`)っ

 

 

MITSUBISHI 27型 三菱液晶ディスプレイ RDT272WXの詳細はコチラ!
購入前のPCモニタ比較&レビューはコチラ!

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL