とびだせ どうぶつの森 プレイ日記 第26回

2012.11.27|どうぶつの森(不定期) プレイ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

れっつ まったり すろーらいふ! とみこじ(@tomikojix)です |^・ω・)/

 

 

ニンテンドー3DSソフト「とびだせ どうぶつの森」プレイ日記第26回です!(とびだせ どうぶつの森 プレイ日記 第25回はコチラ!

 

前回のあらすじ
初の通信プレイで別の村へ訪問してみたり、新たな住人に出会ったり、今日もまったりな毎日です。

 

 

博物館の改築が完了しました〜!
これ以上何を展示するのかよく分からないまま作っちゃいました。

 

 

2Fミュージアム「ショップ」だと…!?
ここへきて新たなお店とは嬉しい♪
2階は店になってるのね。

 

 

 

フーコさん登場〜。
今作では星座関連のイベントはないのかな?
ほほう、拡張した博物館には、ショップとさらに展示のフロアがあるみたい。
2Fには4つの謎の扉があるね。

 

 

謎の扉はあとまわしで、商品にとびつく村長。
ぎんのつりざお」が売っとるー(☆▽☆)
これは釣りバカとしては買うしかないっしょ。
調べてみたところ、エサがかかったときから魚が逃げるまでに若干余裕ができる竿らしい。
食いついてから一瞬で逃げる魚が釣りやすくなるということですな〜超便利!
他にもここでしか手に入らないアイテムがあるらしいんだけど、毎日2つしか売りに出されないっぽいので、運任せなお店な感じ。

 

 

さて、改めて4つの扉の話を聞こうかね。
どうやら自由に使える展示室らしいです。
1部屋1万ベル払うと部屋がレンタルできます。
倉庫代わりに使うのもアリかも?
家や駅とも繋がっているロッカーもあるので、出し入れもラクチン。

 

 

試しに1部屋借りてみたみたけど…広っ!
いきなりMAXの広さになっておりました。
マイホーム以外に部屋が4つ借りられるのはいいけど、まだこれを活用するほどの家具はないっス…。
いずれ使わせて頂こう!

 

 

ジンベエザメ釣り上げました!
残念ながらここは南の島なので、さっきゲットした「ぎんのつりざお」は使えなかったけど(※南の島は普通の釣り竿しか使えないのです)、けっこうあっさり釣れました。
しれっと「661.3cm」って書いてあるけど、片手で持てる大きさじゃないっスよ!
今年の夏にリアルで沖縄で見てきたのが懐かしい〜。

 

 

なんと村人から「夢見の館」でやってきた人の情報が聞けました。
いらっしゃって頂いてありがとうございます!
こういう情報が聞けるのは励みになりますね〜。
夢見の館もなるべく更新せねば!
もちろん名前は非公開。

 

 

次の日の朝。
とうとう我がカステポー村にも初雪が観測されました〜。
もう年末なんだねぇ…。

 

 

そりゃ雪も降れば寒いですよね…。
ぼちぼち地面も雪景色になるのかな?
リアル東京も今年は寒そうな気配。

 

 

ここでプチ情報を入手。
ミュージック」と「シャコガイのかいがらでオルゴールが作れるですと!?
ちょうど雪も降ってきたし、オルゴールのメロディとか似合いそうでいいね♪
ただまだミュージックが手に入ってないのよねー。
はやく「CLUB 444」できないかな…。

 

 

今回はここまで!
次回も新たな施設が完成!?

 

 

カステポー村の夢番地は「3900-0139-6665」です。
さすがに毎回大きな変更はないですが、毎日更新しております。
よかったら覗きにきてくださいヽ(*゚∀゚)乂(゚∀゚*)

 

 

【お知らせ】
コメントを書きやすく調整しました。
お気軽に書き込んでくださいね〜。
※コメント欄は記事の最下層にあります

 

とびだせ どうぶつの森の発売前情報や購入時の注意点はコチラ!
とびだせ どうぶつの森 プレイ日記 第1回はコチラ!

とびだせ どうぶつの森 プレイ日記 第25回はコチラ!
【前回と同じプチ情報】
攻略本の発売が発表されました!
過去の感じからすると数社が出してくると思われますが、とりあえず今回発表されたのは任天堂公式ガイドブック とびだせ どうぶつの森のみです。
また追加で情報が入れば随時報告したいと思います〜。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

 

 

 

 

とびだせ どうぶつの森

とびだせ どうぶつの森
価格:4,380円(税込、送料込)

 

 

 

【送料無料】ニンテンドー3DS LL ホワイト

【送料無料】ニンテンドー3DS LL ホワイト
価格:18,283円(税込、送料別)

 

 

 

 

アフィ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL