PS Vita TV 開封&レビュー!

2013.11.15|PS Vita ゲーム情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ゲームハード関連はもはや義務で買う漢、とみこじ(@tomikojix)です |^・ω・)/

 

vitatv

 

さぁ、PS Vita TVがいよいよ発売されました!
今回はそのPS Vita TVの開封&レビュー(感想?)をお届けします。
広告の画像をまねておしゃれなタイトルを作ろうとしたんですが、「赤ちゃんみたいな手」と呼ばれる、ぶよぶよで指が短い私の手では全然オシャレ感が出ませんでした(´・ω・`)

 

IMG_0418

 

こちらが外装のパッケージとなります。
比較用に初代PS Vitaを左に置いてみました。
私が購入したのは「PlayStation Vita TV Value Pack」で、本体以外にDUALSHOCK3ワイヤレスコントローラー・Memory Card(メモリーカード) 8GB×1などがセットになったものとなります。
本体のみのものもありますよー。

 

IMG_0419

 

箱を開けるといきなりメインのPS Vita TV本体がちょこんと現れます(笑)。
箱がそこそこ大きいわりに、本体のこの控えめな大きさにウットリ。
ちなみに本体サイズは横:65×縦:105×厚さ13.6mmと超コンパクトです!

 

IMG_0422

 

じゃ、あの箱の中の残りは何かっていいますと、ほとんどケーブル!
あとDUALSHOCK3ワイヤレスコントローラーが箱のボリュームを大きくしていたんですね。
電源ケーブル・HDMIケーブル・コントローラを繋ぐケーブル…しょうがないんですけど、せっかくコンパクトな本体の魅力が、このケーブル軍団のせいでちょっと半減、

 

IMG_0424

 

繋ぐとこんな感じ…。
オシャレな本体がケーブル地獄のせいで台無しやーヽ(`Д´)ノ
ここは素直にモニタのうしろにちょこんと配置するのが正解なのかな。

 

IMG_0440

 

IMG_0436

 

ケーブルを繋ぐ背面です。
左から〜電源ボタン・メモリーカードスロット・USB端子・HDMI端子・LAN端子・電源端子となっております。
ソフトを差し込む部分はサイドにあります。
この小さな本体で、あの高画質なゲームができるって、いい時代になりましたな〜。

 

IMG_0443

 

ファミコンのカセットより、PS Vita TVのほうが小さい!
さすがに重さはファミコンのカセットのほうが軽かったですけどね。

 

IMG_0430

 

IMG_0432

 

27インチのPC用モニタにHDMIで繋いでみました。
PSネットワークの接続やらシステムアップデートなどで最初はいろいろ時間がかかります。
これはそれぞれの環境に応じてセッティングしましょう〜。

 

IMG_0431

 

うおー!
Vitaのメニュー画面がキター!
当然ながら元は携帯機のPS Vitaの画面を映し出しているので、ひとつひとつのアイコンがめっちゃデカイ(笑)。

 

IMG_0433

 

思いっきり画面を接写してみました。
さすがに解像度960×544のvitaの画面を27インチで表示させると、多少の荒さはあります。
でも、以前PSPをテレビに出力させてたいたようなボヤボヤ感は全然ないです。
PS2並の画質なだけでじゅうぶん!

 

IMG_0434

 

ダウンロードで購入したソフトがある場合は、設定から機器認証をすればPS Vita TVでも遊べますよ〜。

 

IMG_0435

 

ためしにP4Gをプレイしてみました。
やっぱり画面が大きいだけで、テンション上がりますね〜。
あまり外ではゲームをしないので、今後Vitaのタイトルは基本的にVita TVを使うことになりそう。

 

最後に注意点ですが、PS Vita TVで「すべてのVitaタイトル」を遊ぶことは出来ません。
タッチパネルを駆使したゲームなどは、付属のコントローラーでは対処しきれないのが理由です。
逆に対応可能なゲームは各タイトルのバージョンアップにより、タッチ部分をコントローラーだけでカバーできるようになっています。
PS Vita TVで遊べるタイトルは公式サイトに掲載されていますので、購入前にチェックすることをオススメします。

 

 

さて、いかがだったでしょうか。
そんなに大々的に宣伝をしているわけではないPS Vita TVですが、結局何ができるかというと、Vitaのゲームや機能をテレビの大画面で体験できますよーというものです。

 

私個人の魅力としては、この出力機能のおかげでPCにも出力や撮影ができるようになったことです。
このブログでプレイ日記を書いているので、Vitaの場合だとスクリーンショットを撮ってPCに転送して〜という手間もなくなりますし、本体のスクリーンショットは撮影できないことがすごく多い…これがPS Vita TVによって解消されましたヾ(*´∀`*)ノ
ちょっと長い開封&レビューになりましたが、今回はこれにて〜!

 

感想などのコメントもお気軽に書き込んでくださいね〜。
※コメント欄は記事の最下層にあります

 

 

>PS Vita TVの公式サイトはコチラ!
>PS Vita TV対応タイトルはコチラ!
PlayStation Vita TV (本体のみ) amazon ¥9,497
PlayStation Vita TV (VTE-1000AB01)
PlayStation Vita TV Value Pack amazon ¥14,222
PlayStation Vita TV Value Pack (VTE-1000AA01)

コメント一覧
  • >apさま
    コメントありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ
    ちょっとでも参考になって頂ければ幸いです〜


    2013年11月15日 11:45 | tomikoji | このコメントに返信

この記事にコメント

*

トラックバックURL